鉄分の補給は鉄玉子で決まり!?口コミやネット情報を徹底調査!

FOOD

鉄分の多い食材としてひと昔前はひじきが有名でした。ですが実際、ひじきには鉄分が多く含まれていません。ひと昔まえ、ひじきに多くの鉄分が含まれていた理由は鉄製の釜で製造が行われていたため

鉄製の釜で料理をすることによって鉄分が溶け出し、ひじき料理には鉄分が多く含まれることとなりました。

現在のひじき料理はステンレス製の器具で製造されることが多くなったため、ひじきに含まれる鉄分が大幅に減ったとのこと。

参考:ヒジキ「鉄分の王様」陥落 食品成分表、5年ぶり改訂  :日本経済新聞

鉄分は体に必要なミネラルです。ヘモグロビンの構成要素として酸素の運搬などを行います。鉄分が不足すると貧血や頭痛、集中力の低下などが発生するそうです。

鉄分の補給で注目されているのが調理器具の売れ筋ランキングで上位になっている鉄玉子です。鉄玉子について口コミやネットで調べた内容を紹介していきます。

参考:ホーム&キッチン の 売れ筋ランキング :Amazon

鉄玉子の情報

人が体内では作れない鉄分の補給や黒豆の色出し、貝類の砂出しに使います。

効果

購入者のレビュー(口コミ)を読むと貧血の改善黒豆の色出しに違いがでるとの意見が多くありました。その他にも貝類の砂出しや花びんの花が長持ちするとのこと。

基本的な使い方

1.鉄玉子をよく洗い、沸騰したお湯に鉄玉子をいれます。

水1リットルの沸騰で0.042mgの鉄が溶出するとのこと。また、5分の継続沸騰で0.069mgの鉄が溶出するそうです。
最初は錆臭がありますが徐々になくなります。数回の沸騰後に使いはじめる人も。

2.使用後は取り出し、水で洗ってキッチンペーパーやタオルで水分を除去して保管します。

鉄玉子は熱くなっているので取り出す際には注意が必要です。
放置すると水と酸素で酸化して錆びます。

鉄玉子の手入れ

鉄玉子は鉄なので水分が付着していると空気(酸素)に触れて酸化しはじめます。なので使用後は水で洗ってタオルで水を拭いて水分が付着しないようにティッシュペーパーやキッチンペーパー、ジップロックなどで包んで保管します。

錆をきれいにしたいときは「酢 + 熱」で錆とりを行うのが効果的です。なぜなら酢は鉄を溶かします。熱した酢で5分ほど錆とりを行った後は水で洗い流し十分に水を拭きとってください。水分が残っていると酸化して錆が発生します。

参考:サビ取りには熱した酢が効果的! | DIYer(s)

注意すべきことはステンレスたわしなどで鉄玉子をゴシゴシこすらないこと。推測ですが細かい傷に水分が残って錆の原因になるからだと思います。

参考:簡単!鉄フライパンの錆の落とし方は?お手入れすると一生使えるの?

注意点

電気系調理器具

電気ポット(電気ケトルなど)や炊飯器で鉄玉子を使っているとの口コミが多くありましたが、電気ケトルの説明書を読むと故障や汚れの原因になるのでケトルの中に水以外のものを入れないでくださいとのこと。

鉄玉子の主な用途は鉄分の摂取なので、鉄玉子でお湯を作ってから電気ポットや炊飯器で使った方が問題ないのかなーと思いました。

熱い

鉄玉子を沸騰したお湯で使った後は当然ですが熱いです。100均で購入したお玉やトングで取り出す人も多いようです。

重い

思ったより重いので、落としてしまうとIHや体を傷つけてしまうことも。

まとめ

鉄分の補給を目的として使っているとの口コミが多く、貧血の改善に効果があったとの意見が多数ありました。鉄玉子は半永久的に使えるそーなのでサプリメントで鉄分補給をするより経済的だと思います。

通販

鉄玉子系の商品はいろいろあるのでお好みのものを選ぶのがいいと思います。

及源 南部鉄器 ザ・鉄玉子 K25


及源 南部鉄器 ザ・鉄玉子 K25